Mōtō-nai (毛頭ない – Least of All)

  • ← You can select the display language.

    Mōtō-nai

    毛頭ない


    When denying something strongly, we sometimes say mōtō-nai (毛頭ない) by adding mōtō (毛頭) to the negative term nai (ない).
    何かを強く否定したいとき、否定語の「ない/無い」に「毛頭」をつけて「毛頭ない」と言うことがあります。

    Since (毛) means “hair” and (頭) means “head,” the literal meaning of mōtō-nai is “there is no tip of a hair.”
    「毛」は “hair”、「頭」は “head” を意味するので、「毛頭ない」の文字どおりの意味は「毛の先ほどもない」となります。

    Here, “tip of a hair” implies a very small or slight thing.
    ここで「毛の先」は、何かがほんの少しであることを示唆しているというわけです。

    You can also say ke-hodo mo nai (毛ほどもない) instead of mōtō-nai by using the terms ke (毛 – “hair”) and hodo (ほど/程 – “degree”).
    “Degree” を表す「ほど」を使って「毛ほどもない」のように言うこともあります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *