Ōmedama wo Kuu (大目玉を食う – Getting a Rocket)

  • ← You can select the display language.

    Ōmedama wo Kuu

    大目玉を食う


    To be scolded very harshly can be described as ‘ōmedama wo kuu‘ (大目玉を食う) in Japanese.
    目上の人からひどく叱られることを、「大目玉を食う」と言います。

    Ō‘ (大) means “big,” ‘me‘ (目) means “eye,” and ‘dama/tama‘ (玉) means “ball,” so the combination ‘ōmedama‘ means “big eyeballs.”
    「大」は “big”、「目」は “eye”、「玉」は “ball” を意味するので、「大目玉」は “big eyeballs” を意味します。

    In addition, ‘kuu‘ (食う) usually means “to eat,” but it can also mean “to receive an undesirable deed.”
    また、「食う」は通常 “to eat” を意味しますが、ここでは「望ましくない行為を受ける」ことを意味します。

    Therefore, the literal meaning of this idiom is “to receive big eyeballs.”
    したがって、「大目玉を食う」の文字通りの意味は “to receive big eyeballs” となります。

    Here, big eyeballs stand for the wide eyes of a person who scold someone very harshly.
    ここでの「大目玉」は、人が誰かを叱っているときの見開いた目を表しているというわけです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *