Itoko (いとこ – Cousin)

  • ← You can select the display language.

    Itoko

    いとこ


    A child of one’s uncle or aunt is called itoko (いとこ) in Japanese.
    おじ・おば(父母の兄弟姉妹)の子のことを「いとこ」と言います。

    There are several theories about the etymology of itoko.
    「いとこ」の語源は諸説あります。

    One theory explains that itoko was made by adding ko (子 – meaning “child”) to the adjective itoshi (愛し – meaning “love”).
    ある説では “love” を意味する形容詞「愛し」に “child” を意味する「子」が付いて生まれた語であると説明しています。

    Another theory explains that itoko was made by adding ko to the word ito (糸 – meaning “thread”).
    またある説では、 ​”thread” を意味する「糸」に「子」が付いて生まれた語であると説明しています。

    The latter theory implies that the relationship between you and itoko is as if several threads are twisted together to form a single thread.
    後者の説は、いとこが「何本かの糸をねじり合わせて一本の糸にしたような関係」であることを示唆しているというものです。

    Itoko can be translated into English as “cousin” or “first cousin.”
    英語では、”cousin” または “first cousin” となります

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *