Otesū Desuga (お手数ですが – I’m Sorry to Trouble You)

  • ← You can select the display language.

    Otesū Desuga

    お手数ですが


    When asking someone to do a task in a business setting, we often use the phrase otesū desuga (お手数ですが).
    ビジネスシーンで仕事の依頼をするとき、「お手数ですが」という表現がよく使われます。

    O (お) is a polite prefix, te (手) means “hand,” (数) means “number,” and desuga (ですが) is an adversative conjunction.
    「お」は丁寧の接頭辞、「手」は “hand”、「数」は “number”、「ですが」は逆接の接続詞です。

    Here, tesū (手数) is an idiom, meaning to labor/make an effort for someone else.
    ここで、「手数」は熟語で、「他人のためにかける手間」を意味します。

    The English equivalent of otesū desuga is something like “I’m sorry to trouble you, but…”
    すなわち「お手数ですが」は、「手間を取らせてしまい恐縮ですが」のような意味となります。

    If you want to say it more politely, you can say otesū wo okake shimasuga (お手数をおかけしますが) or otesū wo okake shite kyōshuku desuga (お手数をおかけして恐縮ですが) instead.
    より丁寧な表現としては、「お手数をおかけしますが」や「お手数をおかけして恐縮ですが」などがあります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *