Okanmuri (お冠 – Bad Temper)

  • ← You can select the display language.

    Okanmuri

    お冠


    To describe that someone is angry or in a bad mood, Japanese people sometimes use the term okanmuri (お冠).
    誰かが怒っていることや機嫌が悪いことを表すとき、「お冠」と言うことがあります。

    O (お) is a polite prefix and kanmuri (冠) means “crown.”
    「お」は丁寧の接頭辞、「冠」は “kanmuri” を意味します。

    It is believed that okanmuri came from the idiom kanmuri wo mageru (冠を曲げる).
    この言葉は、「冠を曲げる」という慣用句に由来すると考えられています。

    Since mageru (曲げる) means “bend/angle,” the literal meaning of kanmuri wo mageru is “to angle one’s crown.”
    「曲げる」は “bend/angle” を意味するので、「冠を曲げる」の文字どおりの意味は “to angle one’s crown” です。

    In the past, Japanese aristocrats intentionally angled their crowns in an expression of protest towards toward superiors or Emperors.
    かつて、貴族は上役に対して抗議をする際、わざと冠を曲げてその反抗心を示していました。

    Because of this, kanmuri wo mageru came to mean “angry” or “bad mood,” and it has become okanmuri for short.
    そこから「冠を曲げる」は、怒っていることや機嫌が悪いことを意味するようになり、単に「お冠」でも同じ意味を表すようになったというわけです。

    Based on this etymology, okanmuri / kanmuri wo mageru is often used especially to describe the angry/bad mood of superiors.
    この語源から、「お冠」は特に目上の人に対して使われることが多いです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *