Sābisu Zangyō (サービス残業 – Wage Theft)

  • ← You can select the display language.

    Sābisu Zangyō

    サービス残業


    Unfortunately, people around me often do sābisu zangyō (サービス残業).
    残念なことに、私の周りの人はよく「サービス残業」をしているようです。

    Sābisu zangyō is a colloquial term meaning to work overtime without pay, which is known as “wage theft” in English.
    「サービス残業」とは、支払われるべき賃金が支払われない時間外労働の俗称で、英語では “wage theft” などと呼ばれます。

    Since sābisu (サービス) comes from “service” and zangyō means “(working) overtime,” the literal meaning of sābisu zangyō is “service overtime.”
    「サービス」は “service”、残業は “(working) overtime” を意味するので、サービス残業の文字どおりの意味は “service overtime” となります。

    Here, “service” is used to mean something like a volunteer service for the company.
    ここで「サービス」は、会社に対する「奉仕」という意味で使われているというわけです。

    It is sometimes called sabizan (サビ残) for short.
    省略して「サビ残」のように言われることもあります。

    A survey by Takushoku University has found that about 40% of Japanese workers are forced to do sābisu zangyō.
    拓殖大学の調査によると、日本の労働者の約4割がサービス残業をせざるを得ない状況になっているようです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *