Gochisō (ご馳走 – Feast)


  • Gochisō

    ご馳走


    I have not been eating gochisō lately.
    私は最近「ご馳走」を食べていません。

    The go (ご) in gochisō is a polite prefix, and chisō (馳走) means delicious cuisine, feast, or serving someone a meal.
    「ご馳走」の「ご」は丁寧の接頭辞、「馳走」は美味しい料理や豪華な料理、もしくは食事をもてなすことを意味します。

    Since chi (馳) means to run or ride a horse and (走) means to run, originally chisō meant to run or ride a horse to prepare a meal for visitors.
    「馳」は「走ること」や「馬を走らせること」、「走」は「走ること」を意味することから、「馳走」はもともと「走り回ること」や「客をもてなす準備のために馬を走らせること」を意味していました。

    Later, the meaning changed to just serve/treat someone, or delicious cuisine.
    これがやがて、「もてなすこと」や「豪華な料理」を意味するようになったというわけです。

    Incidentally, gochiōsama, a greeting after eating, was made by adding the honorific word sama (さま), and it has been used since the Edo period.
    ちなみに、食後の挨拶である「ごちそうさま」は「ご馳走」に「さま」が付けられたもので、江戸時代から使われています。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *