Shakariki (しゃかりき – Eagerly)


  • Shakariki

    しゃかりき


    We use the term shakariki (しゃかりき) when expressing that someone works hard or struggles.
    何かに懸命に取り組むことや、奮闘することを「しゃかりき」と言います。

    It is thought that shakariki was made by combining two words: shaka (釈迦) and riki (力).
    「しゃかりき」は「釈迦」と「力」と組み合わせてできた言葉だと考えられています。

    Shaka (釈迦) means “Buddha” and riki (力) means “power.”
    「釈迦」は “Buddha,” 「力」は “power” を意味します。

    That is to say, shakariki came from the fact that Buddha did everything possible in his power for people’s happiness, or the fact that people stood in awe of the power of Buddha.
    すなわち「しゃかりき」は、釈迦が人々の幸せのために力を尽くしたことに由来する表現、もしくは釈迦の力の大きさに人々が畏怖の念を覚えたことに由来する表現というわけです。

    Sometimes people identify shakariki with gamushara, but the nuance is different; gamushara contains the meaning of “desperation.”
    ときどき「がむしゃら」と混同されますが、「やけくそ」の意味を含む「がむしゃら」とはニュアンスが違います。

    【Example sentence】
    【例文】
    Shakariki ni natte benkyo suru (しゃかりきになって勉強する – I study very eagerly.)
    しゃかりきになって勉強する。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *