Kodomo-beya Ojisan (子供部屋おじさん – Middle-aged Men in Children’s Rooms)

  • ← You can select the display language.

    Kodomo-beya Ojisan

    子供部屋おじさん


    An Internet slang term, kodomo-beya ojisan has come to be used since 2014.
    2014年から使われ始めたインターネットスラングに「子供部屋おじさん」があります。

    Since kodomo (子供) means “child,” heya (部屋) means “room,” and ojisan (おじさん) means “middle-aged man,” the literal meaning of kodomo-beya ojisan is “a middle-aged man in a child’s room.”
    「子供」は “child”、「部屋」は “room”、「おじさん」は “middle-aged man” を意味するので、「子供部屋おじさん」の文字どおりの意味は “a middle-aged man in a child room” となります。

    This slang term is used in a derogatory sense to describe a middle-aged man who continues to live in the child’s room of his parents’ house.
    このスラングは、実家の子供部屋で成人後も(30〜40代になっても)暮らす人を揶揄する蔑称として用いられます。

    It can also mean a middle-aged man whose personality and lifestyle remain children.
    単に子供部屋で暮らし続けていることを指すのではなく、性格や生活スタイルが子どものまま中年になってしまった人を指すこともあります。

    On the Internet, kodomobeya ojisan is often abbreviated as kodo-oji (こどおじ).
    「子供部屋おじさん」は、インターネット上では「こどおじ」とよく略して使用されます。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *