Giri-giri (ぎりぎり – “Barely”)


  • Giri-giri

    ぎりぎり


    Today I ‘giri-giri‘ (ぎりぎり – “barely”) met a deadline.
    私は今日、ある締め切りに「ぎりぎり」間に合いました。

    Giri-giri is an onomatopoeia that represents that something is close to a limit or there is no room, and it is also used as an adverb.
    「ぎりぎり」とは、限界に近いことや、余地のないことを表す擬態語で、副詞的にも用いられます。

    It is thought that ‘giri‘ (ぎり) in giri-giri comes from the Japanese noun ‘kagiri‘ (限り), which means “limit.”
    「ぎり」は、”limit” を意味する名詞「限り」からきていると考えられています。

    When making it just in time, we often say ‘giri-giri sēfu‘ (ぎりぎりセーフ – “barely okay”).
    期限などになんとか間に合ったとき、よく「ぎりぎりセーフ」などと言います。

    On the other hand, when missing something by a hair, we sometimes say ‘giri-giri auto‘ (ぎりぎりアウト – “just failed”).
    わずかの差で間に合わなかったときは、「ぎりぎりアウト」などと言うこともあります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *