Gū no Ne mo Denai (ぐうの音も出ない)


  • Gū no Ne mo Denai

    ぐうの音も出ない


    Have you ever gotten into a situation where you cannot counter someone’s argument at all?
    議論などで、全く反論や弁解できないができない状況に陥ったことはありますか?

    Such a situation is called “gū no ne mo denai” (ぐうの音も出ない) in Japanese.
    そのようなようすを、日本語で「ぐうの音も出ない」と言います。

    ‘Gū’ (ぐう) is an onomatopoeia that refers to your choking voice, ‘ne’ (音) means ‘sound,’ and ‘denai’ (出ない) means ‘not come out.’
    「ぐう」は息が詰まった時の声、「音」は ‘sound,’ そして「出ない」は ‘not come out’ を意味します。

    That is to say, “gū no ne mo denai” implies that you are getting into a severe situation where you cannot make even your choking voice.
    すなわち「ぐうの音も出ない」は、息が詰まった時の声さえも出ないほどやり込められている状況を表します。

    Incidentally, note that “gū no ne” is only used in the expression “gū no ne mo denai.”
    「ぐうの音」という言葉は、「出ない」という否定語と合わせて「ぐうの音も出ない」という形でしか使われません。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *