Nirunari Yakunari (煮るなり焼くなり – Whatever You Want)

  • ← You can select the display language.

    Nirunari Yakunari

    煮るなり焼くなり


    When you do not care how you are treated or what punishment comes to you, you can use the phrase nirunari yakunari (煮るなり焼くなり).
    自分に対する扱いや処分がどうなっても構わないとき、「煮るなり焼くなり」という表現を使うことがあります。

    Since niru (煮る) means “to boil” and yaku (焼く) means “to grill,” the literal meaning of nirunari yakunari is “boiling or grilling.”
    「煮る」は “to boil”、「焼く」は “to grill” を意味するので、「煮るなり焼くなり」の文字どおりの意味は “boiling or grilling” となります。

    This phrase implies that you are an ingredient that has given up on survival.
    自分を食材に見立てて、「どうにでも料理してもらって構わない」ということを言っているわけです。

    In most cases, it is used something like nirunari yakunari sukinishiro (煮るなり焼くなり好きにしろ), by adding sukinishiro (好きにしろ – meaning “do whatever you want”).
    「好きにしろ」などの言葉が後に続き、「煮るなり焼くなり好きにしろ」といった形で使われることが多いです。

    However, I think that this phrase is mostly used in movies or comics, and I have never seen anyone use this in real life.
    ただし、映画や漫画の中で使われることがほとんどで、私は現実でこの表現を使っているのを見たことはありません。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *