Teiban (定番 – Regular)

  • ← You can select the display language.

    Teiban

    定番


    In my post yesterday, I used the Japanese term teiban (定番).
    昨日の投稿の中で、私は「定番」という言葉を使用しました。

    Teiban means something standard, regular, or perennial.
    「定番」とは、お決まりのものや、代表的なものを表す言葉です。

    This term is short for teiban shōhin (定番商品), and it was originally used in the garment industry.
    この言葉はもともと服飾業界で使われた用語で、「定番商品」を省略したものです。

    Since tei (定) means “fixed,” ban (番) means “number,” and shōhin (商品) means “goods,” the literal meaning of the combination is “fixed number goods.”
    「定」は ”fixed”、「番」は ”number”、「商品」は ”goods” を意味するので、「定番商品」の文字どおりの意味は ”fixed number goods” となります。

    In the garment or its related industry, goods are managed by assigning numbers.
    服飾業界などでは商品に番号をつけて管理します。

    That is to say, teiban shōhin means “goods that can be expected to have stable sales regardless of the trend,” and later, teiban came to be used in various situations.
    この商品番号が定まっていることから、「定番商品」は「流行に左右されず安定した売上が期待できる商品」という意味で使われるようになり、現在の意味を持つようになったというわけです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *