Shōnenba (正念場 – A Crucial Phase)


  • Shōnenba

    正念場


    In the meeting of my university several days ago, the word ‘shōnenba‘ (正念場) was used to the university operations next fiscal year.
    先日の大学の会議で、来年度の本学の運営に対して「正念場」という言葉が使われました。

    ‘Shōnenba’ means a crucial phase or situation.
    「正念場」とは、ここぞというとても重要な場面や局面を表す言葉です。

    Shōnen‘ (正念) is a Buddhist term, meaning to seek the right mind or the truth.
    「正念」は仏教用語で、正しい心や真理を求めることを意味します。

    In addition, ‘ba‘ (場) means “field” or “situation.”
    また、「場」は “field” や “situation” を意味します。

    That is to say, ‘shōnenba’ represents a very important situation that requires the right heart or the truth.
    すなわち「正念場」とは、正しい心や真理が必要となる重要な場面というわけです。

    [Example]
    【使用例】

    Senkyo ga shōnenba wo mukaeru‘ (選挙が正念場を迎える – “The election faces a crucial stage”).
    選挙が正念場を迎える。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *