Fundari Kettari (踏んだり蹴ったり – A Streak of Bad Luck)


  • Fundari Kettari

    踏んだり蹴ったり


    Today was a day described as ‘fundari kettari‘ (踏んだり蹴ったり) to me.
    今日は「踏んだり蹴ったり」な一日でした。

    Fundari kettari is an expression meaning that bad things happen to someone in a row.
    踏んだり蹴ったりとは、重ねて何度もひどい目にあうことを意味する表現です。

    Fumu‘ (踏む) means “to tread on something” and ‘keru‘ (蹴る) means “to kick something.”
    「踏む」は “to tread on something,” 「蹴る」は “to kick something” を意味する動詞です。

    I think that most Japanese people believe that this expression implies a misfortune of being trodden and kicked.
    多くの日本人は、「誰かに踏まれた上に蹴られること」が災難であるため、この言葉が生まれたと勘違いしていると思います。

    However, both fundari and kettari are the active voice.
    しかし、踏んだり蹴ったりは能動態です。

    The actual etymology is that treading on and kicking an undesirable thing (such as feces) is the calamity.
    実際の語源は、踏んだり蹴ったりしたくないもの(例えば糞便)を、踏んだり蹴ったりしてしまった、ということにあるようです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *