Etymology of Hatoko (はとこ) Part 2

  • ← You can select the display language.

    Etymology of Hatoko (はとこ) Part 2

    「はとこ」の語源 Part 2


    Today, I will my two original theories about the etymology of hatoko (はとこ – “second cousin”).
    今日は、私が考えた「はとこ」の語源についての説を2つ紹介します。

    The first theory is that it came from Iroha Uta (いろは歌 – “Iroha song”).
    私の1つ目の説は、「いろは歌」に由来するというものです。

    Iroha Uta is an old poem for learning kana (Japanese characters), which is something like the ABC song for English.
    「いろは歌」は、日本で昔使われていた、仮名を学習するための歌で、ABC song のようなものです。

    The first three characters of Iroha Uta are i (い), ro (ろ), and ha (は).
    「いろは歌」の初めの三文字は「い」「ろ」「は」となっています。

    Therefore, the relationship between itoko (いとこ – “first cousin”) and hatoko (はとこ – “second cousin”) may have been linked to the positions of i (い) and ha (は) in Iroha Uta.
    「いとこ」と「はとこ」の関係を、「いろは歌」の「い」と「は」の位置に見立てたのではないか、というわけです。

    The second theory is that it came from the shape of the katakana ha (ハ).
    私の2つ目の説は、カタカナの「ハ」の形に由来するというものです。

    Imagine a family tree. When drawing a line from yourself to your grandparents and from your grandparents’ siblings to your second cousin, doesn’t it look like the katakana ha (ハ)?
    家系図において、自分から祖父母へ、祖父母の兄弟からはとこへ線を引くと、カタカナの「ハ」の文字に見えてきませんか?

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *