Betsubara (別腹 – Dessert Stomach)


  • Betsubara

    別腹


    Today, I used the Japanese term ‘betsubara‘ (別腹) when eating dinner with my friend.
    私は今日、「別腹」という言葉を使いました。

    ‘Betsubara’ means that you can eat (have room for) your favorite food even if you are full — it is often used especially for sweets or dessert.
    「別腹」は、満腹な状態であっても好物であれば食べることができることを意味する言葉であり、特に甘い菓子などに対して使われることが多いです。

    Betsu‘ (別) means “another” and ‘bara/hara‘ (腹) means “stomach.”
    「別」は “another”、「腹」は “stomach” を意味します。

    That is to say, ‘betsubara’ implies that there is another stomach apart from your usual stomach, and your favorite food goes into there.
    すなわち「別腹」とは、いつも使っている腹とは別のところに腹があり、好物はそこに入っていくことを暗に意味しているわけです。

    [Example] ‘Dezāto wa betsubara desu’ (デザートは別腹です – “There is room for dessert”).
    【例文】デザートは別腹です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *