Itaku mo Kayuku mo Nai (痛くも痒くもない – Not Caring at All)

  • ← You can select the display language.

    Itaku mo Kayuku mo Nai

    痛くも痒くもない


    When you do not feel a thing about someone’s action against you, you can express it as ‘itaku mo kayuku mo nai‘ (痛くも痒くもない).
    相手が何かをしてきても、少しも苦痛を感じなかったり、まったく影響がないとき、「痛くも痒くもない」と言うことがあります。

    Itai‘ (痛い) means “painful,” ‘kayui‘ (痒い) means “itchy,” and ‘nai‘ (ない) is a negative term, so the literal meaning of ‘itaku mo kayuku mo nai’ is “it is neither painful nor itchy.”
    「痛い」は “to pain”、「痒い」は “to itch”、「ない」は否定語であるため、「痛くも痒くもない」の文字どおりの意味は “” となります。

    Of course, this phrase can be used for physical pain/itching, but it is often used when there is no mental influence.
    もちろん肉体的な「痛み」「痒み」に対しても使える表現ですが、精神的な影響がないときに使われることが多いです。

    [Example] Kare ni waruguchi wo iwareta ga, itaku mo kayuku mo nai (彼に悪口を言われたが、痛くも痒くもない – “He said nasty things about me, but I do not care at all”).
    【例文】彼に悪口を言われたが、痛くも痒くもない。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *