Kinakusai (きな臭い – Suspicious)


  • Kinakusai

    きな臭い


    When describing that something is suspicious, you can use the Japanese ‘kinakusai‘ (きな臭い).
    何かが疑わしいことを表す日本語に「きな臭い」があります。

    kusai‘ (臭い) means “to smell/stink,” but there are several theories about ‘kina‘ (きな) — they say that it comes from ‘kinu‘ (きぬ – “clothes”), ‘ki‘ (木 – “tree”), etc.
    「臭い」は “to smell” を意味しますが、「きな」は “clothes” を意味する「衣」から来ている説と、”tree” を意味する「木(の)」から来ている説などがあります。

    Originally, ‘kinakusai’ means a distinctive burnt smell that is generated when clothes or trees burn.
    もともと「きな臭い」は、衣服や木が燃える際に発生する、特有の焦げた臭いを意味する言葉でした。

    Since such a smell would be generated when bad incidents such as a fire or war would be about to occur, ‘kinakusai’ came to have the meaning of “suspicious.”
    このような臭いが発生するのは、火事や事件、戦争など不穏な事態の前触れであることから、「きな臭い」は「疑わしい」や「怪しい」の意味を持つようになったというわけです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *