Fusessei (不摂生 – Intemperance)


  • Fusessei

    不摂生


    These days I have lived a lifestyle called ‘fusessei‘ (不摂生).
    最近私は「不摂生」な生活を送っています。

    Fu‘ (不) is a negative word, and ‘sessei‘ (摂生) means to be careful of your health so as not to fall sick.
    「不」は否定を意味する語、「摂生」は病気にならないよう健康に気をつけることを意味します。

    Therefore, fusessei means that you are not careful of your health or you do something harmful to your health.
    つまり「不摂生」とは、健康に気をつけないことや、健康に悪いことをすることを意味する言葉です。

    If you fall sick as a result of fusessei, it can be expressed as ‘fusessei ga tataru‘ (不摂生がたたる) by using the verb ‘tataru‘ (たたる).
    不摂生の結果、実際に病気などになってしまった場合、「たたる」という動詞を使って「不摂生がたたる」のように言うことが多いです。

    Originally, tataru means that the gods, Buddha, or ghosts bring harm, but it can also mean that something occurs a bad result.
    「たたる」は本来、神仏や怨霊などが災いをすることを意味しますが、転じて何かが原因で悪い結果が生じることも意味します。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *