Kagishippo (かぎしっぽ – Kinked Tail)

  • ← You can select the display language.

    Kagishippo

    かぎしっぽ


    There are many stray cats living around my apartment.
    私のアパートの周りには野良猫がたくさん住んでいます。

    Around noon today, a stray cat that crossed in front of me had kagisippo (かぎしっぽ).
    今日の昼頃、私の目の前を横切った野良猫は、「かぎしっぽ」をしていました。

    Kagi (かぎ) means “key,” shippo (しっぽ) means “tail,” and kagishippo (かぎしっぽ) is a term for representing a tail of a cat bent like a key.
    「かぎ」は “key”、「しっぽ」は “tail” を意味し、「かぎしっぽ」は鍵のように曲がった猫のしっぽを表す言葉となっています。

    A cat’s tail is commonly composed of 18 to 20 coccygeal vertebrae, and it becomes kagishippo when a part of the coccygeal vertebrae deforms or fuses.
    猫のしっぽは一般的に、18~20個の尾椎で構成されており、尾椎の一部がくっついたり変形したりすると、かぎしっぽになるようです。

    In Japan and China, cats with kagishippo have been believed to protect property, and they have been cherished as auspicious cats.
    かぎしっぽの猫は、日本や中国では「財産を守ってくれる」と言われ、縁起のよい猫として大事にされてきました。

    Also in European countries, it seems that such cats are treated as auspicious cats.
    また、ヨーロッパでは「幸せをひっかけてくる」と言われ、やはり縁起のよい猫とされているようです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *