Kami wo Suku (髪をすく – Thinning Out One’s Hair)


  • Kami wo Suku

    髪をすく


    I had my hair cut at a barbershop yesterday.
    私は昨日、美容院で散髪をしてきました。

    Whenever I go to a barbershop, in addition to the order of cut length, I always say “suite kudasai” (すいて下さい) by using the Japanese verb ‘suku‘ (すく).
    美容院に行くと、私はいつも切る長さの注文に加えて「すく」という動詞を使って「すいて下さい」と言います。

    Suku originally meant to comb, fix or shove one’s hair.
    「すく」はもともとクシなどで髪をとかしたり整えたりすることを意味していました。

    However, when you use this verb at barbershops or hair salons, it is usually mean to thin out one’s hair or reduce the volume of one’s hair.
    しかし、美容院などでこの言葉を使った場合、髪の量を少なくするという意味になることが多いです。

    The reason is probably that the character ‘su‘ (す) itself has a nuance of “hollow.”
    これは、「す」という言葉自体に、「隙間があるもの」のニュアンスが含まれるためであると考えられます。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *