Anata (あなた – You/Sweetheart)


  • Anata

    あなた


    I wrote about Japanese two person pronouns yesterday.
    昨日は日本語の二人称代名詞について書きました。

    In that post, I said that you should not use two person pronouns blindly, such as anata (あなた) or kimi (君), in daily conversation in Japan.
    その投稿の中で私は、日本語の会話で「あなた」や「君」などの二人称代名詞は基本的に使うべきではないと述べました。

    However, anata (あなた) could be used in a specific case.
    しかし、「あなた」だけは特殊な使われ方をする場合があります。

    That is when a wife refers to her husband.
    それは、夫婦間で妻が夫を呼ぶ時です。

    Originally, anata was a word to refer to something in the distance.
    もともと「あなた」は、「遠くにあるもの」を指す言葉でした。

    In the Edo period, since wives and husbands in samurai families often acted independently, wives seemed to call their husbands ‘anata‘ in the sense of “a person who is far away.”
    江戸時代、武家の夫婦は別行動を取ることが多かったため、「いつも遠くにいる夫」という意味で夫のことを「あなた」と呼ぶようになったそうです。

    Someday, I would like someone to tell me “Okaerinasai, anata” (おかえりなさい、あなた – Welcome home, sweetheart), haha.
    いつか、「おかえりなさい、あなた」と言われたいものです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *