Kinchō no Ito ga Kireru (緊張の糸が切れる)


  • Kinchō no Ito ga Kireru

    緊張の糸が解ける


    I finished my important work yesterday.
    私は昨日、大事なイベントをこなしました。

    I was very nervous until yesterday, but now I am relaxed.
    昨日まではとても不安でしたが、今はリラックスしています。

    Such a change of my mental state can be expressed with the Japanese idiom, kinchō no ito ga kireru (緊張の糸が切れる).
    私のこの心境の変化は、「緊張の糸が切れる」という慣用句で表現することができます。

    Since kinchō (緊張) means “tension” or “stress,” ito (糸) means “string” or “thread,” and kireru (切れる) means “to break” or “to cut,” the literal meaning of this idiom is “a string of stress breaks.”
    「緊張」は “tension” や “stress,” 「糸」は “string” や “thread,” 「切れる」は “to break” や “to cut” を意味するので、この慣用句の文字通りの意味は “” となります。

    This idiom compares a tense mental state to a strained string.
    緊張している精神状態を張った糸に例えているわけです。

    Incidentally, you can use other verbs like yurumu (緩む – loosing) or hogureru (ほぐれる – relieving) instead of kireru in this idiom.
    「切れる」の他に、「緩む」や「ほぐれる」という動詞を使うこともあります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *