Hokusoemu (ほくそ笑む – Smiling Inwardly)


  • Hokusoemu

    ほくそ笑む


    Have you ever smiled inwardly as a result of something going well as expected?
    何かがうまくいき、一人ひそかに笑ったことはありますか?

    Such an act is called ‘hokusoemu‘ (ほくそ笑む) in Japanese.
    そのような行為を日本語で「ほくそ笑む」と言います。

    Emu‘ (笑む) means “to smile.”
    「笑む」は、”to smile” を意味します。

    Hokuso‘ (ほくそ) comes from the Chinese 北叟 (hokusō – meaning “an old man live in the North”), which especially refers to an old man 塞翁 (Saiou) in ancient Chinese stories.
    そして「ほくそ」は、北方に住む老人を意味する「北叟」のことであり、ここでは特に中国故事に登場する「塞翁」のことを指します。

    Since Saiou (hokusō) always smiled inwardly even if good or bad things happened, the term ‘hokusoemu’ came to have its current meaning.
    塞翁は、良いことがあっても悪いことがあっても、いつもうすら笑みを浮かべていたため、「ほくそ笑む」という言葉が生まれたそうです。

    Incidentally, ‘hokusoemu’ is the only Japanese term that uses ‘hokuso’.
    「ほくそ」という言葉は、日本語ではこの「ほくそ笑む」の中でだけ使われます。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *