Kou Itten (紅一点 – The Only Woman in a Group)


  • Kou Itten

    紅一点


    A group I know is composed of about twenty men and one woman.
    私が知るあるグループは、男性20人と女性1人で構成されています。

    When a woman belonging to a male group like this case, she is referred to as ‘kou itten‘ (紅一点).
    このように、多くの男性の中にただ一人いる女性のことを、「紅一点」と言います。

    Kou‘ (紅) means “red” or “crimson,” ‘i/ichi‘ (一) means “one,” and ‘ten‘ (点) means “point.”
    「紅」は “red” や “crimson,” 「一」は “one,” 「点」は “point” を意味します。

    Originally, this term was used in China to mean “one crimson flower blooming in a field of grass.”
    もともとこの言葉は、中国で「一面の緑の中に咲く一輪の紅色の花」を意味するために使われていました。

    In Japan, it came to mean “a different thing among many things,” furthermore, these days it is usually used to mean “a woman among many men.”
    これが日本では「多くのものの中で異彩を放つもの」の意味として用いられるようになり、「多くの男性の中にいる唯一の女性」の意味を持つようになったというわけです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *