Keshikaran (けしからん – Disgraceful)


  • Keshikaran

    けしからん


    We say keshikaran (けしからん) when expressing that something is contrary to reason or disgraceful.
    道理にはずれていて甚だよくないさまや、不届きなさまを表すとき、「けしからん」と言うことがあります。

    Keshi (けし) means that something is abnormal and karan (からん) came from karazu (からず), which is a negative word.
    「けし」は「何かが異常であること」、「からん」は「からず」が変化したもので、否定を意味します。

    Therefore, keshikaran means that something is not just abnormal, it is extremely abnormal.
    すなわち「けしからん」は、「何かが単なる異常ではなく、甚だ異常であること」を意味します。

    This term tends to be used by older men.
    この言葉は主に、年配の男性によって使われる傾向があります。

    However, these days on the Internet, people (especially young people) sometimes use keshikaran for sexually attractive women or cute animals meaning “it’s too sexy/cute.”
    しかし最近のインターネットにおいては、性的に興奮させる対象や、ペットのかわいい仕草などに対して「セクシーすぎる」や「かわいすぎる」という意味で「けしからん」と言うことがあります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *