Hana ni Tsuku (鼻につく – Getting Annoyed)


  • Hana ni Tsuku

    鼻につく


    When feeling annoyed with someone’s words or behavior, you can express it by using the Japanese idiom ‘hana ni tsuku‘ (鼻につく).
    誰かの言動や振る舞いがうっとうしくて嫌に感じるとき、「鼻につく」という慣用句を使うことがあります。

    Since ‘hana‘ (鼻) means “nose” and ‘tsuku‘ (つく) means “to be attached,” the literal meaning of ‘hana ni tsuku’ is “something is attached to one’s nose.”
    「鼻」は “nose”、「つく」は “to attach” を意味するので、「鼻につく」の文字どおりの意味は “something attaches to one’s nose” となります。

    Here, what is attached to one’s nose implies “smell.”
    ここで、鼻につくものは、「匂い」であることを暗に意味しています。

    If a peculiar smell is attached to your nose, you will be annoyed because the smell will stay for a while.
    匂いが鼻につくと、なかなか取れず気になって、うっとおしく感じます。

    Because of this, ‘hana ni tsuku’ came to have the above meaning.
    このことから「鼻につく」は、上記のような意味を持つようになったというわけです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *